むむろんの映画とか小説とか

映画とか小説のレビューブログです。

『THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~』感想

どうも、むむろんです。

一気に寒くなりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

それにしても、一時期「ループ物」て流行ましたよね。。。

アニメに漫画に、映画も量産されていましたね。

今も流行ってるんかな、、、??でも、ピークの時より落ち着いてきた印象はありますね。。。知らんけど。笑

 

と、まぁそんなこんなで今回鑑賞した映画は

 

『THE LOOP ザ・ループ ~永遠の夏休み~』

THE LOOP ザ・ループ 永遠の夏休み [レンタル落ち]

です。。。

 

それでは感想を書いていきましょう。。。

 

 

 

【感想】

 

「別荘に遊びに来たアフォな若者7人が炭鉱で自分たちの死体を見つけて、、、??」

みたいな感じのホラー映画??サスペンス映画??ですね。。。

 

個人的には楽しんで観ることはできましたが、誰それかまわず勧められるかと言えば「うーん、、、」

な感じの映画でしたね。。。

 

全体的に出来は凄く良いんですけれど、

この映画前半と後半で雰囲気がガラッと変わりまして、前半に伏線を張れるだけ張って、後半で鬼のように回収していくスタイルの映画

です。

 

なので、前半は結構退屈ですね。。。

なんたって主人公達が自分達の死体を発見してから物語が動き始めるまで45分程かかるんですよ。。。笑

 

映画の約半分を使っているんですよ。。。

 

これは流石にちょっと、、、と思いました。笑

 

ここは、もう少しコンパクトに纏めて欲しかったな、、、なんて思うんですけれど「、、、ん??」て感じる違和感などが割と多めにあって、何か起こりそうな感じがバンバンに漂っていますので何とか乗り越える事ができました。。。

 

この、前半部分を飛ばして観ちゃうと後半の怒濤の伏線回収でついて行けなくなりますので、何とか乗り越えてください、、、笑

 

そして、物語が動き始める後半ですけれど、上でも書いたとおり、伏線回収は心地よくて爽快感すら感じました。。。

これは、非常に良かったですね。

「あ、あの時の違和感はここで繋がっていたからか、、、」と言うのがちりばめられていて楽しんで観ることができました。。。

 

ただこの映画

「なぜ、ループが起こっているのか」がサッパリ分からないまま終わります。。。

割と大事だと思うんですよね、、、こういう理由って、、、

それを推測しながら観るのも私は好きですし、実際今回も

「ループが起こる理由は何か」

「どうやったらループから脱出できるのか」

を考えながら観ていたんですけれど、、、

この映画はループしっぱなしですね。。。

一応ラストに、ちょっとまた違う展開があるんですけれど、、、

 

そして、これはこの映画というか

日本の配給会社が悪い気がするんですけれど、タイトルでネタバレするんやめてくれん??

確実に、ループ物って知らずに観た方が、意外性があって楽しめたと思うんですけれど、、、

 

万人にはお薦めできませんが、はまる人はバシッとはまるタイプの映画だと思うのでループ物に興味がある方は鑑賞してみてはいかがでしょうか??

 

出演者の中に一人観たことがある顔が、、、

調べてみるとジュリアンナ・ギルでした。。。

リメイク版の13日の金曜日に出ていた方です。

 

この方、頭が悪そうな女の子を演じさせたらピカイチですね。笑

ご多分に漏れず、今回も酷い目に遭いますが。笑

 

後の方は知らない人達でしたが、皆さん割と演技もお上手ですし個性的な方達ばかりなので、これから頑張って欲しいですね、、、

 

↑本作のDVDです。。。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『大脱出』感想

どうも、むむろんです。

 

ターミネーター』の新作が公開されますね。。。

 

色々と忙しくて観に行く時間が取れないかも知れないですけれど、楽しみですね、、、

レンタルになるまで待とうかしら、、、笑

 

リンダ・ハミルトンも出演していますし、シュワルツェネッガーも出ていますね。。。

「『ターミネーター2』の正式な続編」らしいですけれど、なんか前も同じような台詞を聞いたような気がするんですけれど、、、笑

 

 

映画のことを調べるのは好きなのでちょこちょこ情報収集はしているんですけれど、それにしてもシュワルツェネッガー老けましたね、、、笑

 

まぁ、当たり前なんですけれど、私の中では永遠に『ターミネーター』とか『プレデター』のイメージなのでなんだか、時間って残酷だなと、、、(時間と書いてトキと読む笑)

 

で、最後にシュワルツェネッガーが出演している映画で観たヤツってなんだったっけー、、、て考えたんですけれど『エクスペンダブルズ』ですね。。。

一応、シリーズは全部観たんですけれど一作目で肩透かしを喰らって、「二作目はないかなー」と思っていたんですけれど、なんだかんだ観てしまって、とても楽しんで観た記憶があります。。。笑

一作目が微妙でも観てみるもんですね。。。笑

 

三作目はあんまり記憶にないですが、、、

 

前置きが長くなりましたね。。。笑

今回観た映画は

『大脱出』

です。。。

 

もう、鑑賞する前からワクワクが止まらなかった訳なんですよ。。。だってシュワルツェネッガーとスタローンですよ??

 

『エクスペンダブルズ』でニアミスした二人が本格的に共演ですよ??

これは、映画ファンとしては鼻血物でしょうよ。。。笑

 

観る前から期待値を過剰に上げてしまうとしっぺ返しが怖いのでいつもは冷静に鑑賞するタイプの私ですけれど、今回ばかりは否応なしに期待値が爆上がりです。。。

 

 

それでは感想を書いていきましょう。。。

 

 

 

【感想】

 

ざっくりした内容は「脱走を生業にする男が、一度入れば絶対に出ることができない脱獄から脱走しようとする、、、」という感じです。。。

 

『エクスペンダブルズ』で申し訳程度に共演したシュワルツェネッガーとスタローンが本格的に共演した映画ですね。

 

楽しんで観られました。。。

 

てか、無実の罪を着せられた主人公が頑張って脱獄しようとする『ショーンシャンクの空に』にアクション要素が入ったお話。

 

かと思いきや、脱獄を職業とする人のお話でした。。。(まぁ、無実の罪を着せられるというか、似たような展開になるんですけれど、、、)

この設定は今までになかった感じでなかなかにユニークでした。。。

 

なので、お話も脱獄のプロ視点から進むので、戦略も割ときちっとしていてなかなか面白かったです。。。当たりばったりではなく、キチンと考えて行動している辺りはとても好感が持てました。。。

 

登場人物達がとても積極的に行動してくれて、常に物語が前へ進んでいくのは良かったですね。。。

刑務所の中の近未来チックなデザインも素敵でした。笑

 

そして、何とか外へ出て、「ここがどこなのか」を目の当たりにしたときの絶望感も凄かったです。。。

流石にこれは無理ゲーじゃね、、、??

なんて思いましたもん。笑

だからこそ、シュワルツェネッガーとスタローンが頑張る辺りは本気で応援しちゃいました。。。

 

映画のラストは、ありきたりではありますがそれなりにカタルシスが感じられる展開が用意されていて、観ていてニヤニヤしてしまいました。。。

この展開、好き。。。笑

 

そして、アクション方面ですけれど、正直そんなに期待していなかったんですよ。。。

お二方とも、お年ですしね。。。笑

 

ですが、頑張っていたんではないでしょうか??

ラストの銃撃戦なんかは割と迫力有りましたし、、、

 

でも、ゴリゴリのアクションを期待しちゃうとちょっと肩透かしを喰らうかもですね。。。

 

ですが、全体的に完成度も高く楽しんで観られますので気になった方は鑑賞してみてはいかがでしょうか??

 

因みに、続編が二作出ているみたいですけれど、二作目はすこぶる評判が悪いみたいですね。。。笑

やはり、一作目を超えるのは難しいのか、、、

機会があれば鑑賞してみたいと思います。。。

 

↑本作のブルーレイです。。。

 

 

↑続編たちですね。。。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『デッドランド』感想

どうも、むむろんです。

 

前々から言っていると思うんですけれど、「真面目に作って面白くない」映画って本当に悲惨ですよね。。。

 

突っ込みどころがあればまだしも、それもなければただのつまらない映画ですからね。。。

 

今回はそんな残念な映画を鑑賞しました。。。

 

『デッドランド』

DEADLAND デッドランド [DVD]

です。。。

 

それでは感想を書いていきましょう。。。

 

 

【感想】

 

ざっくりと言いますと

第三次世界大戦で深刻なダメージを負い、命を蝕む“P19"ウィルスが蔓延した世界のアメリカで生き別れた妻を探す男の物語」

ですね。。。

 

まず、最初に言いたい、、、単純につまらないです。。。

 

上で書いたあらすじだけ読むと、なかなか面白そうですけれど、、、てか、あらすじからして面白くない映画は、それはそれでヤバいと思うんですけれど。。。笑

 

派手なアクションシーンは殆どないです。。。

 

じゃあ、何をしてるかというと主人公達が延々とどこかの林の中をうろうろしているだけです。。。

 

本当にこれだけなんですよ。。。

いや、チョイチョイすったもんだとプチハプニングは起きるんですけれど、元々が「つまらない」映画なので「まだまし」か「クソつまらない」しか鑑賞中のメーターが振れないんですよね。笑

その合間にちょくちょくと、戦争前の回想が挟まれますが、正直どうでも良いです。。。

 

あらすじの規模の割には映画全体のスケールがこぢんまりしているので、迫力もクソもないですし、

まずどこかの林の中だけでお話が進むところや

登場人物の数が極端に少ないところを観ると

を観ると「低予算なんだなー」なんて思います。。。

でも、それは言い訳にならんで??笑

低予算でも面白い映画はちゃんとあるからな??笑

 

たまにあるアクションシーンもやる気無さそうですし、、、

 

まず、林の中だけ写して「はい。大戦後の荒廃した世界です」なんて言うことにそもそも無理があるんですよ。

なんで、低予算でこんなに壮大なスケールのお話にしてしまうのか、、、

もっと身の丈に合った映画を撮ろうよ、、、

すべての真面目系クソ映画に言いたいんですけれど、企画段階で気付けよ。。。

そして、誰か止めて差し上げろ。。。

この映画の制作に何人関わっているのかは知りませんが、気付かないはずないんですよ。。。

少なくとも何人かは「あ、あかんヤツや、、、」て感づいているはずなんですよ、、、

 

止めて差し上げろ。。。(二回目)

真面目系クソ映画はマジでアカンて、、、

 

久々に最後まで観るのが苦痛な映画でした。。。

まぁ、予算のせいも有るとは思うんですけれど、あの感じの脚本ならどう調理しても面白くはならないんじゃないのかなー、、、笑

 

どっちにしろあんまりお薦めはしません。。。笑

 

出演者の方々ですけれど

主演の方はよく知らない方ですけれど途中で仲間に加わるアジア人男性役でブライアン・ティーが出演しています。。。この方の演技はなかなか良かったです。。。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』やドラマ『シカゴ・メッド』に出演されている方みたいです。。。(すいません。。。どちらとも未鑑賞です。。。)

で、調べてみたんですけれど沖縄出身の方なんですね。。。

ぜひ、頑張って欲しいですね。。。(日本人としての仲間意識、、、笑)

 

 

ブライアン・ティーの出演作です。。。

 

それからィリアム・カットも終盤あたりで顔を出します。。。

『キャリー』でトミー・ロスを演じた方です。。。

最近では主にテレビ映画で活躍されているみたいですね。笑(『エイリアンVSエイリアン』とか、、、)

 

ィリアム・カットの出演作です。。。

 

↑本作のDVDです。。。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『ゾンビ・クエスト』感想

どうも、むむろんです。

 

最近バタバタと忙しくて、なかなか映画を鑑賞する時間がなくてですね、、、

どうしても更新頻度が落ちてしまうんですけれど、どうかお許しください。。。

 

サボってるんじゃないです、、、

 

と、まぁそんなこんなで今回、鑑賞した映画は

『ゾンビ・クエスト』

ゾンビ・クエスト [DVD]

です。。。

 

 

それでは感想を書いていきましょう。。。

 

【感想】

 

「ゾンビパンデミックが発生した町で、冴えない男がビルの頂上付近から動けない片思いの相手を助けに行く」

てな内容のゾンビコメディ作品ですね。。。

 

以前レビューした『ゾンビスクール!』もそうなんですけれど、ゾンビとコメディて

とても相性が良いですよね。。。

 

今回の映画も、『ゾンビスクール!』程ではありませんが

わりと好きな部類に入ります。。

 

映像はチープな所も見受けられますが、それなりに綺麗ですし、ゾンビメイクも頑張っていますね。。。

登場人物達も個性豊かで、退屈はしませんが

「そーいや、あいつどうなったんや、、、??」と言うキャラクターもいます。。。

そこら辺もうちょっと丁寧にして欲しかったかな、、、

 

あと、演出面が少しやり過ぎなような、、、(格ゲー風の演出になったり、、、)

まぁ、これは好みの問題でしょうか。。。笑

登場人物もちょっとお馬鹿に描きすぎというか、、、アホすぎるというか、、、

ほら、こう言うのってバランスが大事だと思うんですよ。。。笑

今回はちょっとやりすぎかなー、、、なんて感じたり。。。

こういう映画ですのであんまりうるさく言うのもアレなんですけれど、、、

もちょっと現実的な範囲に収めて欲しかったかな、、、笑

 

それから、お話の内容も登場人物も、

よく言えば分かりやすい

悪く言えばありきたりな

設定ですので、意外性はありませんし、予想していった方向に物語が進んでいきます。。。

終わり方も、なんとなく「こうなるんかなー」なんて考えていたら本当にその通りになってびっくりしましたよ。。。

 

ある意味、安定感はありますので安心して観ることはできますが、、、笑

 

調べてみたところ、オランダの作品みたいですね。。。

オランダでゾンビ映画って珍しいような気がするんですけれど、どうなんでしょうか、、、

 

キャストの方々はよく知らない人達ですけれど、

警察官役の女性はとても綺麗な方でしたね。。。

ジジ・ラヴェッリと言う方みたいです。。。

 

あ、それから、観ていて思ったんですけれど

扇風機でゾンビの頭をミンチにする

と言う場面があるんですけれど

某B級ゾンビクソ映画のオマージュなのかしら、、??

 

 

↑本作のDVDです。。。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

 

『モンスタートーナメント』感想

どうも、むむろんです。

 

このブログを読んでくださっている方の中に、プロレスに詳しい方はいらっしゃいますでしょうか??

 

ちなみに、私はスポーツ全般にあんまり興味がなくてですね、、、笑

プロレスも「なにそれ、美味しいの?」状態な訳ですけれども

 

今回鑑賞した映画は、プロレスに詳しくなくても充分に楽しめた頭おかしい系プロレス映画

『モンスタートーナメント』

モンスター・トーナメント 世界最強怪物決定戦 [DVD]

です。

 

それでは、感想を書いていきましょう。。。

 

【感想】

 

「いちばん強いモンスターを決めるために様々な種類のモンスター達がプロレスをする」と言う、どう考えても正気の沙汰とは思えない映画です。。。笑

 

いや、実はこの映画の存在は前々から知ってはいたんですけれど、なんか勇気が出なくて鑑賞を見送っていたんですね笑

んで、レンタルDVD店で見つけてしまって「これは、鑑賞せねば、、、」となってしまい、今回レビューいたす次第でございます。。。笑

 

いやー、、、本当にくだらない映画ですね(褒めています)

こういうノリの映画は嫌いじゃないですよ笑

なんたって、モンスター同士がプロレスするんですよ??

 

感想を書こうにも、本当にそれだけの映画なんですもん笑

 

基本的な流れとしては

モンスターの紹介→試合

と、言う感じで

本当にこれを、最初から最後まで繰り返しているだけです。。。

お話もクソもあったもんじゃ有りません。。。

 

ですが、、、

やっていることは本当にお馬鹿なんですけれど、

どこか、吹っ切れていない感はありましたね。。。

基本が上のような流れなので、正直飽きちゃいますし。。。笑

もっとぶっ飛んだ事をしても良かったような気がします。。。笑

まぁ、予算的に厳しかったのかも知れませんが、、、

役者も一人二役とかやっているみたいですし。。。

 

後は、あれですね

ちょくちょく挟まれる悪魔の声みたいなのは馬鹿馬鹿しくて良かったです。。。

声が誰かを知った時はちょっとびっくりしましたよ。。。(気になる人は調べてみてください。。。)

 

良くも悪くも馬鹿馬鹿しい映画です笑

楽しんで撮影したんだろうなー、、、なんて考えていました。。。笑

 

トータルとしては、私は結構楽しんで観ることができましたが

人に勧められるかというとそうでもない映画ですね。。。

我こそはと思う方は、鑑賞してみてはいかがでしょうか。。。笑

 

 

↑本作のDVDです。。。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『ゾンビスクール!』感想

どうも、むむろんです。

 

ゾンビ映画って良いよね、、、笑

もう、ゾンビて聞くだけでワクワクしちゃうような私なんですけれど

このブログでゾンビ映画のこと書くの初めてだなー、、、

なんて考えながら観た作品は

『ゾンビスクール!』

 

です。。。

 

それでは感想を書いていきましょう。。。

 

【感想】

「ウィルスに感染した鶏のチキンナゲットを食べた子供がゾンビ化して子供ゾンビーズがわちゃわちゃしている学校から脱出しようとする教師達」のお話ですね。。。

全編コメディタッチで描かれます。。。

 

はい、非常に大好きな映画でした。。。

評価は割れている様ですけれど、私は大好きです。。。

 

キャラクターがもう、アクが強いヤツばかりで良いですね、、、

脳筋の体育教師に、神経質な女教師マッドサイエンティスト的な理科教師に、ゲイの教師など、、、これでもかというほど特徴的な奴らばっかりです。。。

 

そんなキャラクター達の掛け合いもクスッと笑わせられました。。。

このキャラクター達だけで一本の映画が撮れるんじゃないかと思うほど濃いメンツが揃っています。。。

こういうお馬鹿なノリのゾンビ映画は大好きです。。。

 

映像も、結構綺麗で

肉が引きちぎられたり、腕や足がもがれたり、、、

ゴア描写も頑張っていましたよ。。。

 

それに、前置きも短めで、割と早い段階からパンデミってくれるので、退屈しませんでした。。。

、、、よく考えると凄いことですよね。。。

短い前置きの中で、それぞれのキャラクターの紹介を会話だけ観客達に紹介する。。。

監督さんの腕が遺憾なく発揮されていますね、、、笑

当たり前のように聞こえますけれど、これができていない映画って割と多い出ですからね。。。

 

で、この映画のゾンビ達は最近流行のアクティブ系ゾンビなんですけれど、これが今回の設定とマッチしていましたね。。。

「ウッキャー」とか叫びながら襲いかかってくる子供ゾンビ達は割と本気で恐怖でした。。。笑

そして、生前の記憶が残っているのか、延々とおんなじ行動を繰り返したりしていて、不気味感も良かったですね、、、笑

 

そして、終盤からラストにかけての、教師達が子供ゾンビ達をフルぼっこにしていく様も大好きでした。。。

教育委員会の方々が観たら間違いなく泡を吹いて倒れるような場面でしたけれど、アホなガキ達をバタバタと倒していく様子は非常に観ていて爽快でしたよ。。。

 

確かに、突っ込みどころもありますよ。。。

終盤であれだけボコボコにして脱出できるんだったら早くそうしとけよ。。。

とか

ゾンビにならなかった子供達の存在とか、、、もうちょっと掘り下げて欲しかったですね。。。

でも、そんなことは、勢いでカバーしている映画です笑

 

気になった人は鑑賞してみてはどうでしょう。。。

 

出演者は

コンスタントにB級映画に出演しているイメージのある

イライジャ・ウッドです。。。

 

そのほかにも、海外ドラマや割と知っている顔ぶれの方達で

キャストもしっかりしていました。。。

 

 

↑本作のブルーレイです。。。

 

 ↑僕が好きなコメディゾンビです。。。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村

『貞子』感想

どうも、むむろんです。

 

そう言えば、このブログで邦画って紹介したことありませんでしたよね。。。

今回は、邦画です(キリッ

 

ところで皆さん、『日本のホラー映画』と言えば何を思い浮かべますか??

 

おそらく、多くの人が『リング』若しくは呪怨と答えると思うんですけれど、、、

今回観た作品は

そんな日本を代表するホラーシリーズ『リング』の最新作

『貞子』

貞子 (特製ブックレット・ブロマイド3点セット付) [Blu-ray]

です。。。

 

それでは感想を書いていきましょう。。。

 

【感想】

 

「心霊動画を撮影するために火災現場に侵入し、行方不明になった弟を探す姉のお話」

大筋の流れはこんな感じですね。。。

 

先に話しておきますと

私が「リング」を観たのは結構昔のことで、テレビから這い出てくる貞子暮らしか覚えていません。。。笑

今回はそんなニワカ野郎の感想ですのであしからず、、、

 

この映画が好きな方、ごめんなさい。。。

好きになれませんでした。。。

 

映画の内容がどうのこうの以前にですね、映画を観ていて気がついたんですけれど、

もう貞子で怖がるのは無理だと思うんですよ。。。

 

もう、キャラクター化してません??

だって、グッズが出たり始球式に参加してみたりするんですよ。。。

貞子vs伽椰子』とか言うふざけた映画もありますし、、、こっちの方が出来が良いような気もしますが、、、

 

 

それに、今回は謎解き要素も殆どなかったです。。。

池田エライザの演技は割と良かったんですけれど、、、

 

ここら辺は酷評の嵐だった『貞子3D』の方がしっかりしてたんチャウ??

後半はメチャクチャだったけれど、前半の雰囲気は悪くなかったし、、、

 

何とか怖がらせようと頑張っている場面もあったんですけれど、、、マンションの中をPOV的な感じで撮影したりするのとか、、、

 

上に書いた「貞子のキャラクター化」の他に『リングシリーズ』が怖くなくなった理由を勝手に考えてみたんですけれど

おそらく「貞子がテレビから出てくる」と言う場面が一人歩きして

「貞子=テレビから出てくる怪物」みたいになっていますよね??

これが、怖がらせ方に制約を欠けていると思います。

後は、時代的な物もあったりして、この手法で怖がらせるのはもう限界なんじゃないかなー、、、なんて思ってみたり、、、

 

因みに

佐藤 仁美

も出演しています。。。

 

今の十代の方達はこんなので怖がれるのでしょうか、、、??

てか、シリーズ作りすぎてもう訳分からなくなってませんか??笑

ターミネーター』かよ、、、

 

『リングシリーズ』にしろ『呪怨シリーズ』にしろ

そろそろ限界だと思うのでそろそろ新しい何かを考えた方が良いと思いますね、、、。

 

 

↑本作のブルーレイです。。。

 

 

 

↑BOXなんてあるんですね、、、

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

 

にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村